© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

これで納得!ECサイト価格調査・価格自動更新ツール比較3選


【最新記事情報】こちらの記事の2024年最新版はこちらからお読みください。

ECサイト運営において、価格調査に時間をかけていませんか?
さらに調査後の価格を手動更新していたら、いったいどれほどの時間がかかってしまうでしょう。本当に時間をかけたい部分は別にあるのに、このままでは売上・利益が伸びずに事業縮小の危険性さえあるかもしれません。 効率よくECサイトを運営するには、価格調査・価格自動更新ツールを比較して、自社のECサイトに一番あったツールを導入するのが近道です。
今までさんざん手を煩わせた、めんどうな価格調査や価格自動更新には別れを告げましょう。そのための便利なツールが存在します。

■自社ECサイトに合う価格調査・価格自動更新ツールを活用しよう

ツールを選ぶ時に忘れてはならないのが、ツール開発の背景に必ず誰かしらのニーズが存在するということです。
そして、そのニーズは似ているようで微妙に違います。 なので、世間で評判が良いツールが必ずしも自社ECサイトに合うとは限りません。
たとえばモール出店なのか、独自ドメインのECサイトなのかで選ぶべきツールは変わってきますし、ECサイトの規模によっては価格自動更新の頻度が重要になるかもしれません。
大事なことは、ツールの特徴をしっかりと把握して自社ECサイトに合うものを活用することです。今から3つの価格調査・価格自動更新ツールをご紹介しますが、その点を注意して比較してみてください。


1.PriceChanger

 

▼主な特徴
PriceChangerは、価格.com掲載店で導入実績ナンバーワンの導入実績。価格.comの掲載順位データを自動取得し、最安店と同価格、−1円など任意の価格に自動更新できるシステムです。最大の特徴は自動更新スピードの速さ。商品数100点程度までは1分間隔で価格更新できます。
また、1位(最安)を基準とした自動更新設定だけでなく、2位以下基準の設定も可能で、最安で売り急ぐ必要がない品薄状態のときでも活用できます。運用次第でこれまで赤字処分していた商品も利益が出る価格で売ることができることもあるようです。さらに、商品AについてA店より○%安い価格、かつB店より○円高い価格いずれか高い方または安い方に合わせるなど細やかな価格設定が可能です。また、オプションにはなるが、特定ショップ±任意の%価格に合わせるといった使い方もできます。価格順・表示順・送料込み順と組み合わせて使うことができる。価格.com掲載店に自社の仕入先が含まれているというような場合、そのショップの価格+数千円と、Amazonなど出品先の価格数%を比較し十分利益が取れるかどうかを検討して売りたいなどといった戦略的な運用もできる。
商品データは自動取得なので導入後すぐに使え、操作も簡単。在庫あり店舗だけを追跡する、特定のショップを追跡しないなど便利な機能も実装されています。
さらに粗利を増やすための新機能についてはこちらを御覧ください。

使い方や導入事例はウェブサイトをご参照ください。
導入して売上1.5倍、粗利はそれ以上になったユーザーのインタビュー記事がこちらにあります。無料お試しはこちらから申込みできます

>関連記事:粗利が伸びる価格比較サイトの使い方−前編

利益を伸ばしているショップの価格自動更新システム設定を大公開!

▼対象サイト
価格.comと、以下いずれかのサイトと1対1の組み合わせになります。
MakeShop
ショップサーブ
EC-CUBE

ecbeing
Kaago

Shopify
WooCmmerce

※その他、スクラッチ開発ECサイトも可”

▼価格

・初期費用 50,000円〜
・月額利用料 40,000円〜
※ショッピングカート・商品数により異なる


2. PRICE SERCH

PRICE SERCH

 

▼主な特徴
PRICE SERCHの特徴は、対応しているカート・モールが多い点にあります。
以下に列挙していますが、ここまで網羅している価格調査・価格自動更新ツールはありません。 また利用者のニーズに合わせて細かいカスタマイズが可能で、一例を挙げると「価格調査時間の指定・予約」「価格の自動更新間隔を短縮」「過去の価格調査結果をCSVダウンロード」「楽天・Amazonのレビュー数取得」など、あなたのECサイトに合うオプションが豊富にあります。 「複数の独自ECサイトやモールの価格調査を行いたいけど、自動更新頻度は低くてもよい。」もしあなたにそのようなニーズがあれば、オプションで自動更新回数を追加できるので、自動更新は基本1日1回にして、複数ECサイトの価格更新をする選択肢はアリです。
また、プライスサーチはメーカーや大手ECサイトの価格調査ツールとして導入されています。メーカーや大手ECサイトが効率的に価格調査を実施する方法をまとめた「価格調査運用成功マニュアル」がこちらから無料でダウンロードできます。

▼対象サイト
Amazon
Yahoo!ショッピング
価格.com
DeNaショッピング
ヤフオク
比較コム
ポンパレモール
auショッピングモール
MakeShop
えびすマート
ショップサーブ
EC-CUBE

カラーミーショップ
Kaago

▼価格
おススメスタンダードプラン(商品1,000点コース)
初期費用50,000円/月額30,000円
※いずれも税抜
※その他のプランはHPにてご確認ください。


3.らくらく最安更新

▼主な特徴
らくらく最安更新の主な特徴は、主要モールで調査可能なこと、価格の調査及び更新の頻度が多い点です。
らくらく最安更新の対応モールは、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、価格.comと価格競争になりやすい主要モールを網羅しています。

価格の調査及び更新の頻度は、各モールのAPIを使用して価格更新を行うため、高い頻度で行えます。具体的には、商品登録数が500商品であれば約1時間に1回の調査を1日12回を行えます。
※登録商品数が増えると1回に行う調査回数が増えるため、調査できる回数が減ります。

調査対象を「商品価格のみ」「商品価格+送料」「商品価格+送料-ポイント」から選択ができます。
ユーザーが実質最安値を特に気にするYahoo!ショッピングや楽天市場などのモールでは、送料やポイントを加味した金額を自動で調査できるため大変便利です。
その他にも「JANコードかキーワードでの調査」や「調査結果をダウンロード」など様々なパターンで利用できます。
その中でも「送料やポイントを加味して調査」は、Yahoo!ショッピングや楽天市場がチカラをいれている価格比較ページに対応していて、購入者目線に合わせた
価格を自動で設定できるため大変便利です。

また、これから導入する場合は、30日間の無料トライアルを利用でき、導入費用も安いため、導入しやすいことも特徴の一つです。もし1日に複数回、価格調査し、高頻度の価格更新を行いたいと考えている方は、こちらから無料トライアルを利用してみてはいかがでしょうか。

▼対象サイト
【調査モール】
楽天市場 ""” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener nofollow”>楽天市場
Yahoo!ショッピング
Amazon
価格.com
MakeShop
ショップサーブ
EC-CUBE
Kaago

▼価格

・初期費用 0円
・月額利用料 20,000円~
※商品数により異なる


都度見積もり


まとめ|価格自動更新・価格調査ツールでECサイトの売上・利益の最大化を!

さて、8つの価格更新・価格調査ツールをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ECサイトの運営は顧客対応をはじめとする日々の雑務に追われて、なかなか集中すべきことに集中できません。
もちろん立ち止まることはできませんが、まずは時間がかかっている業務を分析してみましょう。
その際、もし価格調査・価格更新に時間がかかっていれば、今回ご紹介したツールをぜひ試してみてください。 新しいツールを導入することでECサイト運営を改善できれば、あなたが使える新たな時間が生まれるはずです。

釈迦に説法かもしれませんが、本来あなたが集中すべきは、売上・利益の最大化に直結する業務です。
その業務にかける時間をつくるためにも、価格自動更新・価格調査ツールといった新しいツールをよく吟味して選び、より効率よくECサイトを運営しましょう!

関連記事

【最新記事情報】こちらの記事の2024年最新版はこちらからお読みください。

粗利が伸びる価格比較サイトの使い方-前編

粗利が伸びる価格比較サイトの使い方-後編

メーカーのための失敗しない価格調整依頼

2018年 最新版 メーカー向けネット販売価格調査システム比較機会損失が減り、売上・粗利1.5倍 価格自動更新システム
ユーザーのインタビュー

・ECにコンテンツマーケティングを!

主要ショッピングカートシステム17徹底比較


・楽天や
AmazonYahoo!ショッピング、本店サイトの商品登録や更新、在庫管理をそれぞれやらないといけなくて面倒。

ネットショップ一元管理システムで効率化。

ネットショップ一元管理システム比較


・価格
.comと本店サイトの価格、それぞれ手動更新…

面倒だし時間のムダ

システムで自動化して売上・粗利最大化

Related post

主要ショッピングカート徹底比較19選|コンテンツマーケティングをECへ活用?

すでにECサイトを構築している方、あるいはこれから構築する方も、常に自社ショップに「最適なショッピングカートはどれだろう?」と、頭を悩ませて…

型番商品ネットショップの粗利率を拡大する2つのポイント

家電・PC・カー用品などの型番商品ECサイトでは「粗利最大化」が最大のテーマです。 あなたのショップでも、仕入価格を下げる、在庫回転率を…

家電オンラインショップ必見!売上と粗利を最大化する最新価格自動更新システム3選

家電オンラインショップ必見!売上と粗利を最大化する最新価格自動更新システム3選

近年、価格.comをはじめとする価格比較サイトは、オンラインショッピングの主要な集客ツールとして多くの家電オンラインショップに利用…

粗利が伸びる価格比較サイトの使い方−前編

価格.comなどの価格比較サイトで集客し、自社サイトや楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどのモールで商品を販売されている方の多く…

新型コロナウィルス特別支援を実施しているEC関連サービス一覧

新型コロナウィルスの感染拡大防止を目的として緊急事態宣言が発出されました。国民への外出自粛要請により、ネットショップの利用が増加していま…

Return Top